1. HOME > 
  2. 編集者のアンテナ

編集者のアンテナ

世界は、さまざまにつながっていることを実感

丸善出版    糠塚 さやか
(2013年4月発行 会報第9号より)
この本は、イギリスのMyriad Editions のAtlasのシリーズから、丸善出版で翻訳刊行した13冊目の本です。
 原書のタイトルは、「Inequalities=不平等」の世界地図、ですが、翻訳者の先生に「格差」の世界地図ですね、と言われて、これが、世界の「格差」というものか、と気づかされました。日本で使われている「格差」に比べて、ずっと幅広く、本質的な「格差」でしたので、「格差」という言葉から思い浮かべる内容と違いすぎるのではないか、とも心配したのですが、逆に、今の時代のキーワードの一つである「格差」という視点から、「全」世界で起きているさまざまな問題をみることができ、世界への扉を開いてもらえる本だ、と思い直しました。
 見開きごとのテーマの中から、関心のあるテーマが一つ、二つと見つかり、その項目を読むと、別の項目の「格差」も関連していることがわかり、世界の絡み合った複雑さもわかります。
 各テーマについて、端的に表す数値(たとえば、「(世界の)成人の(たった)2%が、世界のすべての50%以上を(も!)占めている」など)に、いちいち驚かされ、とくに注目すべき数値について取り上げられているグラフや解説に、「ここがこの問題のポイントなんだ!」と合点し、頭をひねったなあ、というイラストを使って工夫されたグラフをみては、嬉しくなってしまい、翻訳編集の楽しい本でした。
 翻訳者の先生は、その前に翻訳刊行した「移住・移民の世界地図」の翻訳者の先生から、同僚の先生をご紹介いただきました。先住民族の人権や貧困について研究されているとのことで、「格差」がマイノリティやエスニシティの問題と根深く関連している、という点で、著者・翻訳者の先生がたのつながりから、まさにご専門の先生に翻訳をお願いできました。難しい言葉や事柄について、丁寧な訳者注をあちこちで付けていただき、より理解しやすくなったと思っています。

バックナンバー

選書リストを見る

新規登録すると…

SLBAに参加登録(無料)していただくと、ホームページからもご注文が可能になります。

学校図書館様向け 新規登録

書店様向け 新規登録

ページトップへ

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます。