1. HOME > 
  2. 編集者のアンテナ

編集者のアンテナ

レオ=レオニ生誕一〇〇年!お孫さんとの交流

好学社    山口 堅太郎
(2010年11月発行 会報第2号より)
 教科書でもおなじみ『スイミー』の作者レオ=レオニ、今年は生誕一〇〇年にあたります。記念として未訳だった『マックマウスさん』を刊行いたしました。
 現在レオニ作品の版権を管理しているのはお孫さんのアニーさんです。レオニさんの絵本は孫たちをあやすために作られたのがはじまりと言われていますから、まさに絵本誕生のきっかけとなった方です。
 好学社で新たにレオニさんの作品を出版するのが実に十四年ぶりということもあって、ニューヨークに行って初めてアニーさんに直接お会いしてきました。とてもあたたかく迎えていただき、その人柄から、レオニさんもきっと優しい方だったのだろうと容易に想像がつきました。
 もちろん作品への思い入れは強く、今回の出版にあたっては、状態のよい印刷データを作るために書籍を特別に取り寄せていただくなどご協力いただきました。
 日本は『スイミー』をはじめレオニ作品を長く愛し続けてくれている、と喜んでいただき、完成後もメールで交流を続けることができているのは本当にうれしいことです。『マックマウスさん』は人間のような姿に変身してしまった街ねずみと、野ねずみたちの異文化交流のお話ですから、時を経て、レオニ作品を通じて、異文化交流が生まれていることに感慨を覚えます。
 レオニさんはかつて国際交流基金で日本に滞在されたこともあり、日本に親しみを感じていたそうです。アニーさんの娘さん(つまりレオニさんの曾孫)は現在ニューヨークで日本文化を学んでいるとのことですから、ここでもレオニさんの思いは着実に伝わっているようです。
 是非みなさんもこの作品を手にとってみてください。レオニさんのメッセージが伝わるよう期待しています。

マックマウスさん

バックナンバー

選書リストを見る

新規登録すると…

SLBAに参加登録(無料)していただくと、ホームページからもご注文が可能になります。

学校図書館様向け 新規登録

書店様向け 新規登録

ページトップへ

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます。