1. HOME > 
  2. 著者からのメッセージ

著者からのメッセージ

たんぽぽの花の明るい黄色

   片山 令子
(2013年9月発行 会報第10号より)
春の始めに咲くたんぽぽの黄色い花は背がとても低く、草の中に埋ずまるように咲きます。あたらしい緑の草たちがまわりを囲んでクッションになっているから、上に乗られても平気です。たんぽぽのそういうゆったりと落ち着いたところが大好きです。それでわたしはたんぽぽを使って、春を待ちわびるくまたちのお話しを作りました。
 コロンくんはもう春になったと早合点したり迷子になったり、マロンちゃんにもらったたんぽぽ枕に穴をあけて台無しにしてしまったり、あげると約束をしたハチミツをねぼけてたべてしまったりします。でも幾つもの失敗は最後にコロンくんを、たんぽぽの黄色い花で覆われてぷくっとふくらんだ、マロンちゃんの家へ連れていってくれるのでした。
 大島さんの描く雪や青空やたんぽぽは、吸い込まれていきそうにきれいです。また、くまの眼の端にできる白眼をしっかりとらえていて、それがふたりの表情をこの上なく愛らしいものにしています。
 太陽の子どものような花、たんぽぽの明るい黄色があふれる絵本です。ふと、たんぽぽの花に手を伸ばすときのように触って、開いてみて下さい。

バックナンバー

選書リストを見る

新規登録すると…

SLBAに参加登録(無料)していただくと、ホームページからもご注文が可能になります。

学校図書館様向け 新規登録

書店様向け 新規登録

ページトップへ

当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます。